最新 追記

だめだめ日記

ツッコミの内容は検索サイトからの検索やサイトのレーティングに影響します。そのため問題があるキーワードを含むと思われるツッコミについては、当方の判断で削除することがあります。予めご了承ください。 なお、コメントspamと判断されたツッコミは自動的に消去されます。ご容赦ください。
2002|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|05|06|09|10|11|12|
2013|01|02|02|03|08|09|
2014|01|
2015|09|10|11|
2016|01|04|

執筆、翻訳などに関わった書籍類


Linux教科書
LPICレベル3 300試験

マスタリング Nginx

実践 パケット解析 第2版

改訂版 Sambaのすべて

Samba [実践]入門

アンドキュメンテッド
Microsoftネットワーク

その他の書籍は だめだめ日記のおみせ@本店でどうぞ。



2011年09月10日 [長年日記]

[Debian][コンピュータ]「一番目」という表現について

某所で Debian のマニュアルページを翻訳していますが、微妙にはまってみたり。

三つのファイルが必ず一定の順番にアーカイブされている tar ファイル内の各ファイルの説明で

The first member ...
The second member ...
The third, last member ...

となっていたので

  • 先頭のファイルは、
  • 2 番目となるファイルは、
  • 3 番目となる最後のファイルは、

としてみたんですが

1 番目のファイル」の方がよいのではないかという突っ込みが入りました。

確かに、その方が表現として揃っているのはわかるんですが、個人的にはどうも「一番目」という表現に違和感があって、そうはしませんでした。

gooの辞書とかでは「一番目」という言葉も載ってるので、自分の感覚がおかしいのかも知れませんが……、本来の日本語ではない、非常に直訳調の印象があります。敢えて英語で表現すると 1st1th と表現するような感覚、でしょうか。

一つ目、二つ目という表現であれば日本語的な違和感はないですが、順番というニュアンスが薄れて、単に三つあるうちの一つという感覚があって、ちょっとしっくりきませんし、今回の文体からは表現が軟らかすぎる感じもしています。

第一の、第二の、と書くと、順序と言うよりも、優先度、重要度のニュアンスが強くなりそうですし、今度は文体が硬すぎるかなと。

最初の、次の、その次の、とすれば、順番ははっきりと表せると思いますが、「次の」となると、second というよりも next なので、ここまでは意訳したくない気分です。

まぁ、いろいろ考えてみたんですが、技術文書の翻訳ですので、素直に「一(1 )番目」でよいのかなと思いつつありますが……。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ monyo [>「一つめ」「二つめ」なら自然かと思うのですが、 うーん、個人的には「一つ目、二つ目という表現であれば…」で書いたよ..]

_ tsekine [口語ではまず「1番目」とは言わない気がしますが、技術文書に書いてある分にはあまり気にならないですね。]

_ monyo [>口語ではまず「1番目」とは言わない気がしますが、技術文書に書いてある分にはあまり気にならないですね。 確かに、そん..]


2011年09月13日 [長年日記]

[Samba]Samba 4.0.0alpha17 リリース

とりあえず、リリースノートも翻訳してみました。

今回は、Samba 3.x からのアップグレードスクリプトが提供されたのが大きいですかね。


2011年09月17日 [長年日記]

[コンピュータ]Windows 8 Developer Preview 版を VMware にインストール

とりあえず、09/13 にリリースされたばかりの VMware Workstation 8.0.0 上に Windows 8 Developer Preview 版をインストールしてみました。

インストール自体は How to Install Windows 8 on VMWare Workstation 8 にも載っていますが、VMware のハードウェア互換性を 8.0 にして、インストール OS を Windows 7 にすれば、後は特に注意することはありませんでした。

手元でインストールしたのは、Windows Developer Preview downloads にある中で開発環境がセットになった Windows Developer Preview with developer tools English, 64-bit (x64) です。

なお VMware Workstation 7.1 ではインストールできませんでした(ので、仕方なく VMware Workstation をバージョンアップしました(;_;)

インストール後、メモリを 1GB に増量してからシステムのプロパティを見てみましたです。

Windows 8 のシステムのプロパティ

インストールに関する雑感

メモリ 2GB 以上(64ビット版の場合)必要といわれたので、インストーラに蹴られるかと思いつつ、メモリ 512MB でインストールしてみました。結果インストール自体は出来ましたが、インストール後再起動した状態で、既にメモリ使用量が 80% とかで、スワップしまくって、機能検証も辛い状態でした。エクスプローラであちこち見て回る程度でも、64 ビット版だと 768MB 程度は割り振らないと厳しい感じです。

VMware Tools に関する追記(09/18)

わたしの環境だけかも知れませんが、普通に VMware Tools をインストールすると、プリンタドライバのインストール中に Windows 8 のスプーラが落ちてしまい、インストールが続行もキャンセルもできない状態に陥りました。

次のように、あらかじめ仮想プリンタ機能をオフにすることで、インストールすることができました。

VMware Tools のインストール

VMware Player について(2011/09/23追記)

その他参考にしたところ

[コンピュータ][Samba]Windows 8 Developer Preview 版から Samba にアクセスしてみた

Samba 3.5.6 と、Samba 3.0.14a のマシンにアクセスしてみましたが、とりあえずは問題なさげです。

Windows 8 から Samba にアクセス

[コンピュータ][Samba]Windows 8 Developer Preview 版から Samba ドメインに参加

残念ながら、以下のように「The RPC server is unavailable」というエラーメッセージが出てしまい、うまくいきませんでした。

レジストリなどを設定しても、RPC での通信を抑止することができないっぽいです。

Windows 8 からの Samba ドメイン参加


2011年09月18日 [長年日記]

[コンピュータ][Samba]smbclient で Windows 8 Developer Preview 版にアクセスしてみた

Samba 3.5.8 から試してみました。こっちもOK。

$ /usr/local/samba/bin/smbclient //192.168.135.130/temp -U monyo
Enter monyo's password:
session request to 192.168.135.130 failed (Called name not present)
Domain=[WIN8DEV-PRE-0] OS=[Windows Developer Preview 8102]  Server=[Windows Developer Preview 6.2]
smb: \> quit

[Samba][コンピュータ] Windows 8 Developer Preview 版で Windows Live ID を用いたログオンをしている時のユーザ名

パケットキャプチャを取得して確認してみましたが、Windows Live ID と Windows 8 のユーザ名を連携していると、WindowsLiveID\UserName@DomainName という形式のユーザ名が Windows から送出されていました。

まぁ気持ち悪いんですが、そんな感じですかということで。

Windows 8 からのアクセスのパケットキャプチャ

Samba 側で username map パラメータを使って

monyo = monyo@monyo.com

のようにマッピングをとった上で、ユーザ monyo のパスワードを Windows Live ID (上記では monyo@monyo.com)と合致させると、パスワードを聞かれずにログオンできます。

もちろん

# useradd monyo@monyo.com

のようにして、monyo@monyo.com というユーザを作成しても OK です。


2011年09月23日 [長年日記]

[コンピュータ]Windows 8 で Active Directory 参加

Samba で検証する前にまず、ということで、Windows Server 2008 R2 で構築したドメインに参加できるかどうかを確認してみました。

ドメイン参加

Windows 8 からドメインに参加
結論としては問題なく参加。

再起動後

スクリーンロック画面に Alt+Ctrl+Del が見える
スクリーンロック画面に左上に Alt+Ctrl+Del を押してという記載が表示される。

ログオン

ログオン画面

ログオン画面で「Other User」を選択すると、ドメインを意識したログオン画面が表示される。

スタート画面

スタート画面

Metro UI のままで、一見すると違いはなし。


2011年09月25日 [長年日記]

[試験]TOEIC

15年ぶり位に先日受けてみたんですが、試験の結果が戻ってきたです。

とりあえず実力を知りたかったこともあったので、勉強時間 0 で受けて、結果は listening:320 / reading:405 でした。

ぎりぎり「C」ということでしたんで、まぁ出題の形式だけでも事前に見ておけばとは思いましたが、いずれにしてもこんなもんかと。「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。」とのことですが、感覚的には

にあった「英語ができない。」もしくは「読み書きは多少できるが、必要なレベルに達していない。」という感覚の方がしっくりきますです。

reading の方は、語彙が若干悪かったですが、文書読解系は 95% 位だったんで、まぁそんなものかと。確かにコンピュータ系以外の英文をほとんど読んでないので語彙はかなり偏ってるかなという感じです。

listening は正直ぐだぐだだったので、これで 320 点も取れるのかといった感じでした。

で、どうするか、というところですが……。


Copyright (C) 2003-2015 TAKAHASHI, Motonobu
webmaster@monyo.com