最新 追記

だめだめ日記

ツッコミの内容は検索サイトからの検索やサイトのレーティングに影響します。そのため問題があるキーワードを含むと思われるツッコミについては、当方の判断で削除することがあります。予めご了承ください。 なお、コメントspamと判断されたツッコミは自動的に消去されます。ご容赦ください。
2002|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|05|06|09|10|11|12|
2013|01|02|02|03|08|09|
2014|01|
2015|09|10|11|
2016|01|04|

執筆、翻訳などに関わった書籍類


【改訂新版】Samba [実践]入門

Linux教科書
LPICレベル3 300試験

マスタリング Nginx

実践 パケット解析 第2版

改訂版 Sambaのすべて

アンドキュメンテッド
Microsoftネットワーク

その他の書籍は だめだめ日記のおみせ@本店でどうぞ。



2011年04月02日 [長年日記]

[Samba]Samba 4からOpenLDAPのサポートがなくなる方向に

メールが出たのが 04/01 でしたので、一瞬エイプリルフールかと思っちゃいましたが……

ということで、Samba開発者の一人、Andrew Bartlett 氏が意見照会という形で投げかけています。以下、ざっくりですが、翻訳を。

Samba4 の AD DC のコードで LDAP バックエンド(OpenLDAP および Fedora
DS/389) のサポートを継続する意義があるのか、疑念を感じている。

これは、Samba3/Samba4 の統合後も含め、Samba3 の NT4 DC における LDAP
バックエンドのサポートには関係しないことを明言しておく必要があろう。

サポート継続に必要な ldb_map コードの削除を提案するつもりはないし、
provison のコードを破棄すべきかどうかについても明確な考えはないが、少
なくとも、この機能の存在を公知するのは止めるべきではないかと思案してい
る。

先に世に現れたのは LDAP バックエンドであるとはいえ、LDB バックエンドは
拡張を重ね、もっとも重要な機能である DRS による複製をサポートするに至っ
ている。

また、LDAP バックエンドのスキーマは固定的であり(動的な変更は現在サポー
トされていない)、安全ではなく(トランザクションが非サポート)、そして非
常に遅い。

最大の問題は、ユーザが LDAP に振り回されていることである。我々のところ
にはひっきりなしに質問が寄せられており、Wiki 上で推奨しない旨警告して
いる。

https://wiki.samba.org/index.php/Samba4/LDAP_Backend#.28De.29motivation

=====
このページでは、Samba4 で汎用の LDAP サーバをバックエンドとして用いる
ための設定に付いて記述している。ただし、この方式は推奨されるものではな
く、トリッキーな設定を行わないと利用できない。LDAP バックエンドを用い
るように Samba4 を設定した場合でも、クライアントは Samba4 がポート 389
で提供する LDAP サービスにアクセスすることが必要であり(これは、Active
Director の DC として適切に動作させる上で必要である)、Active Directory
のスキーマの使用も必須である。加えて、LDAP バックエンドを使用する場合、
DRS による複製がサポートされない。あらかじめ警告しておく。
=====

わたしは知らないが、誰か LDAP バックエンド開発の継続を検討しているか、
サポートを継続すべき理由はあるか?

わたしとしては、同意が得られれば Wiki ページと LDAP バックエンドを
provison で構築する機能を単に削除することを提案したい(おそらくテスト用
スクリプトのオプションはそのまま残すことになろう)。

今後 LDAP バックエンドとの互換性を損なう変更が必要となった際にも、互換
性維持が不要であることを確認できていれば、変更の実施が容易になる。

ご意見を伺いたい。

samba-jp メーリングリストにも、同じ内容を投稿しています。

追記(04/03)

わたしの意見も投稿してみました。

Samba4 から LDAP バックエンドのサポートをなくすこと自体は同意だが、いわゆるエンタープライズのディレクトリが LDAP で構築されていることが多いことを考えると、そことの同期機能は残しておくべきではないかといった感じです。

追記(04/07)

結局削除という方向になったようです。


2011年04月03日 [長年日記]

[Samba]改訂版Sambaのすべて

ようやくここまで。長かったです……

先ほど最後の校正を終えて出版者の方にすべてを託しました。わたし的には、後は本が出てくるのを待つだけです。

今回も決して順調、とは行かない執筆でした。

各所の画面キャプチャやログの内容を見ていただくとわかりますが、Sama 3.2.3あたりからSamba 3.5.6まで、幅広いバージョンのSambaで検証を行う形になってしまっています。

当初執筆していた段階の最新版はSamba 3.2 系列だったので、Samba 3.2 系列で一旦原稿を一通り書いたんですが、そこから諸事情があって、1年度程度間が空いてしまい、ようやくゲラが出て校正という段階になりました。

しかし、さすがにこのままでは、ということで、再度その時点での最新版であった Samba 3.5 系列で検証などを可能な限りやり直し、校正といいつつ、かなり大幅に書き直したためです。

そうは言っても時間的な制約もあるため、ファイルサーバ機能など、比較的安定していると思われる箇所は Samba 3.2 系列の原稿をほとんど残し、活発に開発されていると思われる Winbind 機構やドメイン関連については、重点的に最新バージョンで検証をやり直しています。

一応現時点で知りうることはすべて入れようとしたつもりではありましたが、執筆期間が長期化したこともあり、若干収拾がつかなくなってしまった点も出てしまったことはお詫びします。特に Winbind 機構周りは苦労しました。

また、なるべくログなどを多く掲載しようという思いはあったものの、出版社との意思疎通がうまくいかなかった点もあり、当初想定していた以上にログなどの画面が多い書面となってます。ログや画面だけのページが多いと思われるかも知れません。

また、章立てもローカルグループ関連など、途中で若干微妙感を感じた箇所もありましたが、うまい整理が思いつかず、そのまま進めてしまいました。

後、初版で巻末につけたパラメータ一覧は、今回は隠しパラメータやモジュール、コマンドのオプション一覧などもつけたので、ここだけで数十ページになってしまいました。ひたすらソースコードの差分を取っては Excel で集計という作業で、なんども挫けそうになりましたが、なんとか最後までたどり着けました。ただ、やはり力尽きてしまったところはあって、表の一部は空白のままでの出版となってしまいました。

原稿自体もテキストファイルで 1M バイトを超える分量になってますので、結果として 900 ページ弱という、相当ぶ厚い本になってます。ちょっと電車で読むとかは無理っぽいですね。スミマセン。

自分ではいろいろ反省点や不満な点が残りますが、とはいえ、個々の記載内容については、基本的にすべて検証を行っていますので、それなりには使えると思います。

Samba 3.X 系列については、一旦これで〆として、次は Samba4 のリリースに向けて情報収集をしていこうと考えています。

追記

翔泳社さんのサイトにも掲載されてましたです。

[Debian]losetup

毎回使い方忘れるので、とりあえずメモ

空ファイルを作って……

# dd if=/dev/zero of=/tmp/image1 bs=1024 count=10000
10000+0 records in
10000+0 records out
10240000 bytes (10 MB) copied, 0.0464032 s, 221 MB/s

losetup でループバックデバイス作って

# losetup /dev/loop1 /tmp/image1
# losetup /dev/loop1
/dev/loop1: [0301]:147179 (/tmp/image1)

後はふつうに

# mke2fs /dev/loop1
# mount /dev/loop1 /mnt2

[コンピュータ]Mewの色設定

現在一番よく使っている環境で Mew を起動すると、こんな感じ。

Mewのデフォルト画面

そのうち直そうと思って、半年くらい経っちゃってたんですが、一緒にいる人からツッこまれたので、8.5 色付け 中の以下の記述にしたがって直してみました。

色を変更するには、Mew のソースと一緒に配布されている
 "mew.dot.theme" を適当な名前でコピーし内容を変更します。
ここでは、そのファイル名を "~/.mew-theme.el" としましょう。
まず、この名前を ".mew.el" で ‘mew-theme-file’ に指定して下さい。

(setq mew-theme-file "~/.mew-theme.el")

ようやく少し見やすくなったです。

Mewの画面(修正後)

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ wakatono [たくさん使うのであれば、ブート時にカーネルのパラメータloopを大きめの値にするのを忘れずに。 オレはこれ忘れて、X..]


2011年04月05日 [長年日記]

[だめだめ]もにょ

会社の人から、こんなの見つけたと教えてもらいましたです。

  • モニョ ラムネ味
  • モニョ レモンスカッシュ味

どうも、これのOEMっぽい。

  • モニョいちご
  • モニョぶどう

なんかの戦隊ものみたい…


2011年04月09日 [長年日記]

[コンピュータ]exim の S25R 非対応問題

某所で exim の設定をしてたんですが、適切に設定しているはずなのに、なぜか

2011-03-20 10:54:09 1Q0DvR-0002SZ-OO == xxxxxx@xx.xxxx.xxx.jp 
R=dnslookup T=remote_smtp defer (-44): SMTP error from remote mail
server after RCPT TO:: host xx.xxxx.xxx.jp
[xxx.xxx.xxx.xxx]: 450 4.7.1 : 
Client host rejected: S25R check, be patient

のように言われるという現象にはまってました。

いろいろぐぐってたら、

とか見つけたです。

今使ってる exim 4.63 ではダメなことはわかったんですが、結局最新版では直ってるのかしらと。


2011年04月11日 [長年日記]

[コンピュータ][だめ]むりやり休止状態にするコマンドというか

ノートPCを持ち歩いて原稿書いてるときは、こまめに休止状態にして使ってるんですが、Excel に邪魔されることがよくあります。

要は、以下のメッセージが出てきて休止状態にできないというやつです。

Microsoft Officeドキュメント、またはアプリケーションが
ネットワークからアクセスされているので、
Windowsをスタンバイ状態にできません

Microsoft Officeドキュメント、またはアプリケーションが ネットワークからアクセスされているので、Windowsをスタンバイ状態にできません


まぁ、言わんとするとことはわかるんですが、正直余計なおせっかいというやつですかね。

このウインドウが前面にポップアップしてくれば、最悪わかるんでいいんですが、裏であがってたりすると、こちらは休止状態にさせているつもりで実はずっと動いていて電源を消耗していることがありますし、そうでない場合も Excel のどのタブが問題なのかがぱっと見わかんないので、急いでいるときは非常にわずらわしいです。

SetSystemPowerState関数 を fForce = TRUE して発行すればいいんで、そのうちツールでも見つけるかと思ってたんですが、意外とありそうでないんで、仕方なく作ってみましたです。

コマンドラインのプログラムなので、

SetSystemState -H -f

とかやると、強制的に休止状態にします。

ということで、ちょっとだけ幸せになりましたです。

[コンピュータ] tdiary の絵日記プラグインでの画像の回り込み防ぎ

正直困ってたんですが、ふと見つけましたです。

ちなみに,絵日記プラグインでの画像の回り込み防ぎ:<br style="clear:both;">をimage_leftの後ろに付けるといい感じになるみたいです.

とのことで。


2011年04月16日 [長年日記]

[Samba]Samba 2.2.3a に Windows 7 から接続

本家のメーリングリストで

なんていうベタな質問があったんで、久々に Sarge の環境で Samba 2.2.3a をコンパイルして試してみました。

結論としては、Samba 側で暗号化パスワードを有効にした上で、LMCompatibilityLevel を 2 以下にして NTLM 認証を有効にしてあげれば、ちゃんと Samba のファイル共有にアクセスできました。

ある意味すごいことかも。

というか、ここで、わざわざレジストリ変えたって言及してるんだから、その位ちゃんと確認してから返信してほしかったり。

[コンピュータ] addusers.exe の入手

ひさびさに、Windows 2000 Server 関連でちょっと使ってみようと思ったら、Windows 2000 Server のリソキ持ってないとついてないのね。

てっきり Support Tools に入ってるとばかり思ってた。


2011年04月17日 [長年日記]

[Samba]新Samba本

ようやく、ですが手元に改訂版Sambaのすべてが届きました。

改訂版Sambaのすべて

さすがに 870ページもあると、ずっしりきます。

ようやくというか、本当に長かったというか。

書き始めてからここまで、ずいぶんといろんなことがありましたです。まぁ、今後ここまでのページ数の本はもう書けないだろうなぁと思ったりとか。

正直、これだけ書いても全部読んでくれる人いないんだろうなぁ、とか。数年経つと陳腐化しちゃうんで、そもそも読む意味自体、なくなっちゃうんだろうなぁ、とか。

追記

たまたまかも知れませんが、Amazon の Unix 分野で一位になってましたです。まぁ、瞬間芸ということで。

Amazon Unix 分野で 1 位

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ ribbon [執筆お疲れ様でした。次は4.0版かなあ。]

_ mokuden [400ページ以上あると、遠慮しちゃう人が多いのが事実。殿のXen本にしても、あの厚みで遠慮しちゃう人が多かったに閉口..]


2011年04月19日 [長年日記]

[Samba]20文字以上の名前のユーザは、Windows 7からSambaドメインにログオンできない

SambaのメーリングリストでSamba PDC + OpenLDAP + Windows 7 user name lengthというネタがありました。

Bug 7343 - "Data area passed to a system call is too small" on domain.logon with username > 20 charsで既知の事象のようです。

まぁ、Windows 7がSambaドメインに対応してくれていること自体がほとんど奇跡かと思うので、やむなしかと。

手元の環境で試した限り、スタンドアロン環境で passdb backend = tdbsam の環境では再現しませんでした。


Copyright (C) 2003-2017 TAKAHASHI, Motonobu
webmaster@monyo.com