«前の日(12-23) 最新 次の日(12-25)» 追記

だめだめ日記

ツッコミの内容は検索サイトからの検索やサイトのレーティングに影響します。そのため問題があるキーワードを含むと思われるツッコミについては、当方の判断で削除することがあります。予めご了承ください。 なお、コメントspamと判断されたツッコミは自動的に消去されます。ご容赦ください。
2002|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|05|06|09|10|11|12|
2013|01|02|02|03|08|09|
2014|01|
2015|09|10|11|
2016|01|04|

執筆、翻訳などに関わった書籍類


【改訂新版】Samba [実践]入門

Linux教科書
LPICレベル3 300試験

マスタリング Nginx

実践 パケット解析 第2版

改訂版 Sambaのすべて

アンドキュメンテッド
Microsoftネットワーク

その他の書籍は だめだめ日記のおみせ@本店でどうぞ。



2003年12月24日 OSS関連の会合(朝) / 某試験受験(昼)

[Samba] Samba 国際化プロジェクトのミーティング

とりあえず、参加してきました。

正直「順調」とは言い難いですが、テスト環境周りなどは地道に進んでいるようです。

わたし自身は、現状いろいろあってオブザーバ的存在ですが、Samba の普及を最優先に考えれば、ドキュメンテーションなどの部分で、もう少し時間をさいて「協力」すべきなんでしょうか。悩ましいところです。

[試験] Sun Certified System Administrator for Solaris 9 Operating Environment Upgrade Exam

考えてみれば久々のベンダ試験。前回受けたのは、2003年2月のLPIだったり

ここまで29個白星を積み上げてまいりましたが、試験を受けるたびに、周りからの連勝継続の期待が重く、今年度に入ってからは、なかなか受験に踏み切れなかったのですが、年も終わりということで、覚悟を決めてみました。

今回は、一夜漬けすら中途半端で終わってしまったので、正直、今度こそはだめだめになるのを覚悟して試験会場へ。

しかし……

中途半端とはいえ一夜漬けのお陰もあってか、今回も落ちることを許されませんでした。ということで、ベンダ試験は○30−●0という成績です。次の10勝を積み上げるのは、相当きつそう。

なんにしても、最低限の義務は果たせたかと思ってほっとしてます。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ TAKAKO [というか・・・。あと10個受けるようなベンダー試験って・・・。上位資格でも受けますか?(-; というより、気にしなけ..]

_ naka64 [てか、ベンダー試験は有効期限がありますから、次は更新試験ということに…(間違ってたらごめんなさい)]


2005年12月24日

[Samba] Samba 3.0.21 の eventlog list パラメータによる、UNIXログファイルのイベントログ経由での表示

Samba 3.0.21 では、eventlog list パラメータを用いることで、UNIX のログファイルを Windows 側のイベントログの API 経由で参照することができます。

ということで、早速試してみました。詳細な手順は、Samba-EventLog-HOWTO.txtのとおりです。

なお、parselog.pl は、Samba 3.0.21アーカイブのexamples/eventlog以下に入ってます。

一応動作したんですが、eventlogadmコマンドでイベントログを書き込んでから、クライアントマシンで表示されるまでに、大分タイムラグがありました。原因は不明です。

[Samba] Samba 3.0.21 の svcctl list パラメータによる、UNIX デーモンを Windows から制御する

このパラメータにより、UNIX の rcスクリプトを Windows のサービスのインタフェース経由でいじれるようになります。概要は、マニュアルページを参照してください。

スクリプトは、以下のような条件を満たす必要があります。

  • start を引数とすることで、サービスが起動する。起動に成功すると 0 を返却する。
  • stop を引数とすることで、サービスを終了させる。終了に成功すると、0 を返却する。
  • status を引数とすることで、サービスの起動状況を確認する。起動している場合は 0 、それ以外の場合は 1 を返却する。

スクリプトは、$libdir/svcctl 以下におく必要があります。Red Hat系のディストリビューションであれば、付属のスクリプトのシンボリックリンクで十分でしょう。

Debian GNU/Linux では、statusという引数がサポートされてないので、以下のようにとりあえず作って試しました。

    status)
        if [ "`ps ax | grep /usr/sbin/inetd | wc -l | grep -v grep`" == "0" ] ; then
          exit 1
        else
          exit 0
        fi
        ;;

わたしの手元に試した限りでは、この機能はちゃんと動作しているようです。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ fumiyas [pgrep -f /usr/sbin/inetd]


Copyright (C) 2003-2017 TAKAHASHI, Motonobu
webmaster@monyo.com