«前の日(01-02) 最新 次の日(01-04)» 追記

だめだめ日記

ツッコミの内容は検索サイトからの検索やサイトのレーティングに影響します。そのため問題があるキーワードを含むと思われるツッコミについては、当方の判断で削除することがあります。予めご了承ください。 なお、コメントspamと判断されたツッコミは自動的に消去されます。ご容赦ください。
2002|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|05|06|09|10|11|12|
2013|01|02|02|03|08|09|
2014|01|
2015|09|10|11|
2016|01|04|

執筆、翻訳などに関わった書籍類


【改訂新版】Samba [実践]入門

Linux教科書
LPICレベル3 300試験

マスタリング Nginx

実践 パケット解析 第2版

改訂版 Sambaのすべて

アンドキュメンテッド
Microsoftネットワーク

その他の書籍は だめだめ日記のおみせ@本店でどうぞ。



2003年01月03日

添付ファイル

圧縮して600KB位のファイルを添付したら、ダイヤルアップ環境ではつらいと怒られました。おっしゃるとおり、すみません m(_"_)m

DES

http://www.shadowpenguin.org/sc_documents/spsdocument12.html や、自分で訳した CIFS-Auth-Spec.ja.txt をみて LMhash の計算方法を理解しようと

勉強

したが、結局わからず、smbdes.o の中の E_P16() を直接呼び出すプログラムを作ってなんとなくだめだめになる。

こんな感じ

 #include <stdio.h>
 
void main (int argc, char *argv[]) {
  unsigned char plain[16];
  unsigned char crypt[16];
 
  memset (plain, 0, 16);
  strncpy (plain, argv[1], 16);
 
  /* calculate LMhash */
  E_P16 (plain, crypt);
 
  {
    int i;
    printf ("LMhash: ");
    for (i = 0; i < 16; i++) {
      printf ("%2x", crypt[i]);
    }
    printf("?n");
  }
}
これを damedame.c とかすると
  gcc -c damedame.c
  gcc -o damedame damedame.o smbdes.o

もう少し

がんばってみた。 ただし、smbhash() 関数の static 宣言をはずしておかないとリンクできないので注意。

#include 
#include 
 
void hexprint(unsigned char *str, int len) {
    int i;
 
    for (i = 0; i < len; i++) {
        printf ("%02x", str[i]);
    }
}
 
void main (int argc, char *argv[]) {
    unsigned char plain14[16];
    unsigned char crypt[21];
    unsigned char challenge[8];
    unsigned char response[24];
 
    memset (plain14, 0, 16);
    memset (crypt, 0, 21);
    memset (challenge, 0, 8);
    memset (response, 0, 24);
    strncpy (plain14, argv[1], 16);
 
    {
        int i;
        for (i = 0; i < 16; i++) {
            if (islower(plain14[i]))
                plain14[i] = (unsigned char)toupper(plain14[i]);
        }
    }
    {
        int i;
        int j = 0;
 
        for (i = 0; i < 16; i++){
            unsigned char hi, lo;
            if ((argv[2][i] - 'A') < 0)
                hi = argv[2][i] - '0';
            else
                hi = argv[2][i] - 'A' + 10;
            if ((argv[2][i+1] - 'A') < 0)
                lo = argv[2][i+1] - '0';
            else
                lo = argv[2][i+1] - 'A' + 10;
 
            challenge[j] = hi * 16 + lo;
            i++; j++;
        }
    }
 
    /* calculate LMhash */
    //E_P16 (plain14, crypt);
    {
        char magic[] = "KGS!@#$%";
        smbhash(crypt, magic, plain14, 1);
        smbhash(crypt+8, magic, plain14+7, 1);
    }
 
    /* calculate RESPONSE */
    //E_P24 (crypt, challenge, response);
    {
        smbhash(response, challenge, &crypt[0], 1);
        smbhash(response+8, challenge, &crypt[7], 1);
        smbhash(response+16, challenge, &crypt[14], 1);
    }
 
    printf ("Password : "); printf("%s", plain14); printf("?n");
    printf ("Password : "); hexprint(plain14, 16); printf("?n");
    printf ("LMhash   : "); hexprint(crypt, 16); printf("?n");
    printf ("Challenge: "); hexprint(challenge, 8); printf("?n");
    printf ("Response : "); hexprint(response, 24); printf("?n");
}
ということで寝ます 2:30am

CIFS

翻訳物を公開するのにも許諾が必要なのね。しくしく

あにめの新番組

1月からの新番組を一通り確認しました。 2.0h くらいかかった。ふぅ。

前クールは某番組にめちゃくちゃはまってしまったので、気をつけないと。

馬場さまのページ

DES関連で検索していたら引っかかって読みふけっちゃいました。

いろいろと参考になりましたです。

ぴあの

なんとなく楽譜が目に入ったので、久々にショパンのノクターン Op.9, No.1 とかを弾いてみた。20連符のところがぜんぜん弾けなくなってるし。

ドキュメントの配布条件

ここにどう記述しようか、考え出すと難しい。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ そのやまさく [おいっ!そこかよっ!]


2004年01月03日 ぷらいべーとな予定(昼)

[原稿][Samba] Samba本 - Sambaのユーザ認証のロジック

smb.confの認証ロジックの説明がどうも腑に落ちないので、仕方なくソースをみてみる。

smb.conf(5)に

NOTE ABOUT USERNAME/PASSWORD VALIDATION
       There  are a number of ways in which a user can connect to
       a service. The server uses the following steps  in  deter-
       mining  if  it will allow a connection to a specified ser-
       vice.

と書いてあるところがあって、Samba 3.0.1でこれに対応するソースがsource/smbd/password.c:430 - authorise_login()関数なんですが、よくよく見ると、これsecurity = shareの時しか呼ばれてない。

この関数の呼び出し元は一箇所、source/smbd/service.c:339 - make_connection_snum()関数中です。この関数は認証手順をどの順番で試行していくかの制御が行われているのですが、ここでauthorise_login()関数を呼んでるのは、security = shareのときだけなのです。

やはり、ユーザレベルのセキュリティの場合は、ぜんぜん違うレベルで認証手順の試行をやってるなぁ。ということで、smb.confの説明は、いまいちだめだめか。

とか、ユーザ名周りでソースみたり、検証したりしてたら、全然原稿が進まなかった……。しくしく

[コンピュータ] お買い物

うーん、だめだめなものを二点、買ってしまった(;_;)

これで、ともちゃ接続も万全か。


2006年01月03日

[原稿] 某雑誌?のコマンドリファレンス

うー、コマンドリファレンスと思って、たかをくくってたんですが

Windows 95 / Windows 98 / Windows Me / Windows NT 4.0 / Windows 2000 / Windows XP / Windows Server 2003 で微妙にオプションの増減があったり、コマンド体系が違うものがあったり、更には SP でオプションが増えたりと、さまざまだったり。

ドキュメントと挙動が違うコマンドも微妙にあったり。

全体としては、ドキュメントのとおりなんですが、どこにドキュメントとの乖離があるかは、調べてくしかないし……

これをまともに調べていくとむちゃくちゃ時間かかりそう orz


2007年01月03日

[おうち] 一緒にいる人の実家

いっぱんじんらしく、一緒にいる人の実家に戻ってみましたです。

[だめだめ][コンピュータ] スパイダーソリティア

一緒にいる人の親の方が Windows XP (や Windows Me)に付属のスパイダーソリティアをやってましたです。

話の弾みで一列クリアするのも難しいし、一度も上級であがるのを見たことないという話になったので、じゃぁ一度やってみましょうかということで、やってみましたです。

とはいうものの、上級のクリア率は10%行かないので、厳しいかなと思いましたが、何とか2度目のチャレンジでクリアできましたです。

とはいえ、あれこれ悩みながらやってくので、軽く1時間近くかかってたような orz

気づいたら終電になってて、あわてて失礼する羽目に。

この手のゲームは、一度やるとすぐはまるし、はまると平気で1時間単位で時間を使っちゃうので、なるべく手を出さないようにしてるんですが、たまにはまると仕方なくがんばることがあります (っ;)


2008年01月03日

[その他] DQN券

最近、休日に地下鉄を使うことが多いので、買ってます。ちなみに年末年始も対象ですので、今回両家の実家に行くときにも活用しました。

PASMO とかより使い勝手が悪いケースもありますが、10枚分の価格で14枚使えるので、かなり割安です。皆様も活用してみてはいかがでしょうか。

買ってるのは、190円のやつですが、1枚あたりの単価を計算すると、190 * 10 / 14 = 135.7 ということで、160円区間であっても、190円の券で乗って、十分におつりが来る計算です。

で、この券、正式名称は「土・休日割引回数乗車券」、通称「土休券」なのですが、一緒にいる人の発音を聞いていると、「DQN券」と聞こえてなりません orz

しくしく

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ たけ [耳がDQNだったとか(ぉぃ 今年もどうかよろしくお願いいたします。]


2010年01月03日

[だめだめ] 続・総統の夢.jp

一緒にいる人にそそのかされて、総統の夢で55人コンプリしてみましたです。

で、某所の記事を見ると、3回JPドメイン以外を入れるとおそろしぃことが起こると書いてあったので、一緒にいる人が試したんですが…

ERROR画面が出た後で、Firefoxが落ちましたです。うーん

ちゃんとエラーレポートは送ってました(-_-;

ちなみに、6回連続でJPドメイン以外をいれると、さらにしくしくなことが発生します。

[Samba] smbpasswd -aで、unix password syncは有効?

pdbedit(8)のマニュアルページをみると

Note
pdbedit does not call the unix password syncronisation script if
unix password sync has been set. It only updates the data in the
Samba user database.
 
If you wish to add a user and synchronise the password that
immediately, use smbpasswd's -a option.

とか書いてあるんで、Samba 3.0.37の環境でunix password sync = yesの環境を作ってsmbpasswd -aしたんですが、やっぱりパスワードは同期されませんでした…

うーん、Samba 3.4系列でも試してみるか。

[Samba] Windows_7からSambaドメインにログオンできない

久々に技術情報作ってみました。なお、どのバージョンが境界線となるのか、厳密には確認できてない部分もあります。できれば突っ込みでの情報提供をお願いしたく。

[コンピュータ][Samba] Windows 7のログオン画面で意図せずドメインにログオン

SAMBAという名前のSambaドメインに参加しているWindows 7で、ローカルマシン上のmonyoとしてログオンしようと思い、「WIN7-U\monyo」と指定したら、なぜか「SAMBA\monyo」としてログオンしてました。

10分ほどはまって、よくよく見るとコンピュータ名が「WIN7U-1」だったことに気づいて事なきを得たんですが、そもそもドメイン名をミスった際に、勝手に所属ドメインにログオンって、by design?

[Samba][コンピュータ] Windows 7からSambaサーバ上のユーザのパスワードを変更する

Windows 7のパスワード変更画面で、ユーザ名を「CENTOS54\monyo」と指定

Windows 7のAlt+Ctrl+Del画面から「パスワードの変更」を呼び出して、ここからSamba 3.0.33が動いているCentOS 5.4マシンのユーザのパスワード変更を試してみました。

結論としては、問題なく動作しました。

[Samba] Group Policy Client サービスによるログオンの処理に失敗しました

不精していて、passdb.tdbファイルを使いまわそうとしたら、このエラーではまりました。

わかってみれば当然ですが、tdbsam使ってるんで、ユーザのSIDがファイルに保存されてました。で、別ドメイン(当然別SID)を立ち上げたにもかかわらず、使いまわしたファイル中のユーザのSIDは古いままだったので、プロファイル関連で不整合を起こした、というところでしょうか。


Copyright (C) 2003-2017 TAKAHASHI, Motonobu
webmaster@monyo.com